マキアージュ・デ・ラ・フルール



イタリア旅行~ヴェネツィア②~

今日は日曜日で テレビを見ていたらなんと3本もヴェネチアが

出てくる番組がありました~(驚) ヴェネツィアづいてますが

今夜もお付き合い宜しくお願いいたします♪



さてさてヴェネツィアを訪れる人が必ず向うサンマルコ広場を観光したのち

ヴェネツィアンガラス工房の見学へむかいました

ヴェネツィアといえばヴェネツィアンガラスです

私たちが訪れた工房はラグーナ・ムラーノ・グラスというお店

一階ではマエストロが実演をしてくれました それはお見事な腕前

この風景は見入っていて写真を撮ってなかったみたい・・


この後上の階のギフトショップへ案内されました

f0237005_2283642.jpg


f0237005_228493.jpg


f0237005_2291181.jpg


f0237005_2292480.jpg


f0237005_2293894.jpg


f0237005_2295262.jpg



ヴェネツィアンガラス、とっても高価です  少なくともこちらにあった商品は・・

それだけいいものを作っているようです  ここでは目の保養をさせていただきました

ここの工房でいったん解散し、25分間のフリータイムをもらえたので

私は入り組んだ街並みを散策(といってもすごく焦っている姿だったことでしょう)し、

いくつかのお土産物屋さんをのぞいたりしました

路地にある土産物屋さんには先ほどの工房とは違った、

リーズナブルなものがたくさん  

店員さんはムラーノ ムラーノ といってきます

ムラーノというのはムラーノ島のことでほとんどのガラス製品が

この島で作られています  ヴェネツィア島のすぐ近くにあります

ムラーノで作られているということは本場物だよ ということになります

それで安いものはムラーノの若手が作ったものが多いようです

私は下の写真に写っています四角いガラスの器を数枚購入いたしました

f0237005_22222215.jpg


こんなステキなガラスブティックもみかけましたよ
f0237005_22245725.jpg


f0237005_2225692.jpg


f0237005_22252069.jpg




ヴェネツィアといえばこれ! マスケラ
f0237005_22273864.jpg


f0237005_22275483.jpg


マスケラとは仮面マスクのこと  かの有名なヴェネツィアカーニバルで

使われるマスク。  お土産ものとしても重宝されいます

専門店も狭い路地にたくさん見受けられましたよ  ちょっと妖しい感じがしますね♪

私的には本物のマスクを買っても飾るところがなさそうだな~と判断し(笑)、

サンマルコ広場の回廊のショップでマスケラのブローチを購入して記念の品としました


f0237005_22354542.jpg



とにかくヴェネツィアの街は狭い石畳の路地と路地が交錯し、

フッとその角からマスケラをした妖人が黒いマントを翻しあらわれそうな雰囲気



私はそんな石畳を縫うようにしてサンマルコ広場をめざします

おめあては回廊のカフェ・フローリアン

f0237005_2240372.jpg


ここは先に紹介しました映画、『旅情』で主人公がお茶をするカフェ

映画では店の前、広場のオープンカフェでお茶を飲んでましたが♪

このカフェ・フローリアンは創業1720年、イタリア最古の喫茶店ともいわれ

豪華な装飾が施された風格あるお店。 そしてお値段も一流

コーヒー一杯飲んでみたい!! という思いとは裏腹に時間は限りなく

なくなっている(+_+)   コーヒーを飲んでいる暇はないと判断し、

残りの時間、回廊にあるステキな雰囲気のお店をみてまわることに☆

f0237005_22482389.jpg


f0237005_22484932.jpg


f0237005_22491347.jpg


f0237005_22492717.jpg


パリのパレロワイヤルもそうですが、昔の宮殿など重厚感ある建物の回廊に

現代のお店が融合している様子はローロッパらしくおしゃれで大好きです


そろそろ集合場所へ行かなければならないとき、

れいのマスケラのブローチを見つけて購入いたしました


いそいで集合場所へ向かい、次はハイライト、ゴンドラへ乗船です


次回はゴンドラバージョンをお伝えさせていただきます♪



~おまけ~

ヴェネツィアンガラスは主に本島から1キロ離れた、ムラーノ島で作られています

そのむかし、木造の建物が多かったヴェネツィア本島で火災が起こることを

恐れたことと、そのガラス製造の技術が外部にもれることを防ぐために

工房と作家ともどもムラーノ島へ集め、そこで更に発展を遂げました

なのでムラーノで作った製品を本島で売っているという感じです



ヴェネツィアカーニバルは毎年1~3月の間の約2週間行われます

日にちは毎年まちまちです

昔貴族たちが素性を隠して社交場を楽しむためにマスケラを

つけたのが起源のようで

現在では世界中からの観光客がおしよせ、思い思いの変装を楽しみ

その間は別人になりきる!なれる!ということを心から楽しんでいるようです

私もいつかカーニバルの時期に訪れたいものです♪
[PR]
by maquillage-fleur | 2011-03-06 23:02 |
<< 祈る イタリア旅行~ベネチア②~ >>


月に一度のフラワーレッスンを開催しております。フラワーレッスンのご案内や日常の出来事を紹介しております。レッスンは毎月募集型ですのでお好きなレッスンにお気軽にご参加できます☆
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28